2013年09月14日

最新エフェクトボード!!

久々のブログは機材紹介ですよ。
興味ない人はキンタマ掻きながら聞いてください。

最近はエフェクトボードをあれこれしてます。
昔はアンプ直人間だったんだけど、VOXを使うようになってから、歪みはエフェクターでやったり、ディレイいいな、とか思うようなチョイ悪人間になってきました。
んで、QUARKツアーからお世話になりまくってる
ナインボルト様
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ninevolt/
に音の相談をしまくって、新しいボードを関せさせる事が出来ました。

それがこのボード
ボード.jpg


かっこいいっしょ?
俺の足が写ってるけど。

右上から時計回りに紹介します。

@自作in/out ジャンクションボックス
AMAD PROFESSOR Royal Blue Overdrive
BKORG PITCH BLACK PB-01
COne Control Crocodile Tail Loop OC10
Dstrymon timeline
ESubdecay Starlight Quantum Flanger
FProvidence FINAL BOOSTER FBT-1
GLeqtique Maestoso
HOne Control Distro


@はエフェクターを並べた時、スイッチャー(C)のインプットに刺しにくい事があります。
なのでインプット、アウトプットをここにまとめてセッティング効率もアップしまくりです。
ちなみに内部配線はJupiterの4N銀 23AWG 単線を使用。ハンダはWonder Solder Signatureです。

AはすんごくナチュラルなOD。ピッキングのレスポンスがめちゃくちゃ良くて、ライブ中に「ここは少し歪みを落としたい」って時に手元で音を変えられます。EQがパッシブってのも嬉しいポイントですね。フルテンから削ってくタイプの人間です。

Bはチューナーですw

CはOne Controlのスイッチャー。プリセット出来るスイッチャーを初めて使ったんですが、こんなに便利なものかと痛感してます。歌いながら、コーラスしながら何個もエフェクターを踏んだりするとどっちかが追いつかなくてテンパる事が多々ありましたw OC10ですべて制御してからその動作がめちゃくちゃ楽になってます!
そしてBJF bufferが内蔵されてるのも嬉しすぎますね。
ちなみに各LOOPは
LOOP1→MAD PROFESSOR Royal Blue Overdrive
LOOP2→内蔵buffer in
LOOP3→Leqtique Maestoso
LOOP4→Providence FINAL BOOSTER FBT-1
LOOP5→Subdecay Starlight Quantum Flanger
LOOP6→strymon timeline
って感じです。
LOOP2でバッファーにインしてるとこがミソです。

Dはもはや説明不要の大人気ディレイです。プリセットが何通りも出来て、MIDI制御出来る事でこれを選びました。ソロに薄くかけたり、クリーンの時に気付かないぐらいにかけて奥行きを出してみたり色々やってます。

Eはフランジャー。えぐい感じのフランジャーをちょこちょこ使いたくて探してたらナインボルト様からこのフランジャーをお勧めされました。これが大正解!スタンダードなジェットサウンドから深めにかけて飛び道具として使ってみたり、使い道が無限大です。

Fはクリーンブースター。本当に素直なクリーンブースターです。ただ中身は少し変えてあります。ELNAのシルミック入れてみたりと無茶してますw

Gはブースターからファズっぽい音色までこれ一台でカバー出来るエフェクトです。完全ハンドメイドでハイクオリティなのに値段は\15000とお手頃。ソロ用にディストーションというかファズ的な感じで使ってます。

Hはパワーサプライ。このコンパクトさの中に一口12〜18vまで可変出来る口がついてます。空間系に使うもよし、歪み系に使ってよりクリアな音にするもよし。もちろん18vに対応してるエフェクター限定ですよ。9vが限界のエフェクターに18vまで電圧あげちゃうと壊れますw

エフェクトボードに貼付けてあるマジックテープはOne Control HOOK & LOOP

パッチケーブルはLava Soldered Mini Plug Kit
あえてハンダを使うタイプにしてます。
それでも制作時間は5分ぐらいですむし、とにかくハイクオリティです。
音は色付け無しですごく使いやすいですよ!

パワーサプライから各エフェクターに電源供給するDCケーブルは古河電工のビーメックスを使って作りました。
色が好きで使ってますw



とまあこんな感じです。
わからない事がありましたらライブハウスで声かけてください。
機材の話になったら顔色変わりますw

では!
posted by ぺいす at 16:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう機材とかって検索して出てくると結構うれしいですね☆

ギターやってない人にはわからないでしょうけど...

参考にしまーす。
Posted by 忍者 at 2014年02月27日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。